私が安易に他人にアフィリエイトを勧めない理由

ネットを見る限り、最近は多くの情報商材アフィリエイターが、学生、専業主婦、高齢者等に、アフィリエイトを勧めている事を目にするようになりました。

副収入の為に、将来のために、地力で稼ぐ力を身につけるために、様々な口説き文句で、「あなたがアフィリエイトを開始する理由」を力説するわけです。

 

しかし2017年現在、最も安定した副業は、アルバイト・パートであること、火を見るより明らかのはずです。

 

現在の日本は、団塊の世代の大量退職の後、人手不足の状態が続いています。

人手不足とは言え、正社員登用の求人は多いというわけではありませんが、副収入目的なら、人が足りないのが現状なわけです。

それゆえに、再現性が約100%副業はアルバイト・パートということになるのです。

 

 

更には情報商材詐欺、アフィリエイトが難しいというのが社会的に認知されるようになってきていますので、世間はアフィリエイトに対する興味、意欲よりも、警戒感が高まってきています。

 

以前でしたら、アフィリエイトで稼ぐことはあまり難しくありませんでした。

 

しかし今日では、どのアフィリエイト手法もそうですが、成果を出すことは難しくなってきています。

 

例えば、情報商材アフィリエイトの収益の低下、アドセンス取得の難化、SEO、youtubeやtwitterで稼ぐ事などを思い浮かべて下さい。

 

こういう現状を鑑みると、やはりアフィリエイト実践者の私としても、むやみに他人にアフィリエイトを勧める事に対し慎重になってきます。

 

とは言え、私も情報商材アフィリエイトの実践を否定しているわけではありません。

 

今後も続けていこうと思っています。

 

しかし、情報商材アフィリエイトを実践する人の中には、

 

  • 情報商材アフィリエイトって、楽勝っすよ。
  • この教材を実践して、一ヶ月に2万、10万稼ぎましたという人がいます。

 

仮にこの証言が本当であると信じてみます。

 

しかし、そんなことを言う人達に次のように言えるではないでしょうか?

 

あなたは、あなた。 他人は他人。

他人が成功しなかったら責任がとれるの?

 

アフィリエイター本人が成果を出したとして、その人から商材を購入した購入者さんが、何割が成果を出せるの? 

 

 

もちろん、アフィリエイターは責任は取れないし、責任を取る義務もありません。

 

最終的には、自己責任です。

 

 

ただ私は、赤の他人に変な夢物語を見せて、人生を狂わすことはしたくないと思っています。

ですから、誰にでもアフィリエイトを勧める事はしません。

 

特に、以下のような人にはアフィリエイトを勧めないし、むしろ止めます。

  • 借金返済中の人。
  • ほぼ同じく、ローンを抱えている人
  • 生活=お金にゆとりがなく、時間にもゆとりがない人
  • アフィリエイト作業を確保する時間が物理的に難しい人
  • 就活中の大学生の人
  • 心身ともに健康ではない人 
  • 長期的に取り組む事ができない人

などです。

 

結局のところ、お金や時間に余裕がない人は、物理的に難しいという事です。

これは、マインド論でどうにかできる類の問題ではありません。

つまり、マインド以前の問題だと言うことです。

 

以上の理由により、私は安易に他人にアフィリエイトを勧めることはしません。