集団訴訟のenjin のアドモールのプロジェクトについて

集団訴訟プラットフォームのenjin というサイトがあります。

このサイトがどういうサイトかは、実際に見てみるほうが速いので 説明は省きます。

アドモール(山西氏)に関する集団訴訟

 

さてこの度,私はenjin にアドモールのプロジェクトを立ち上げることに決めました。

私が立ち上げたプロジェクトは、現在は審査中なので、正式に稼働していません

 

既にアドモールのプロジェクトが稼働しており、私の新規立ち上げは重複となるために、拒否されました。

個人的には、山西茂という人物のことをよく知りません。

そこでアドモール=山西茂という断言はできないと思ったので、上記のennjinに新規立ち上げをしたわけですが、駄目でした。

 

ですから、今後は、

アドモール(山西氏)に関する集団訴訟

に私も合流してアドモール抗議活動を頑張っていきたいと思います。

 

ぜひあなたも参加して、アドモールの業態に鉄槌を加えて、

未来の被害者を無くしていこうじゃありませんか!!!

 

 

アドモールは特定商取引法の代行サービスを行っているために、

購入者は販売者の住所、氏名、、電話番号がわからない状態で購入します。

そのため返品、返金が事実上不可能です。

 

 

そして仮に、ennjinに集団訴訟の参加が集まり、実際に集団訴訟が提起されるかについても、現時点では私は大きな期待をしていません。

つまり返金がされるかは 現実的には不明であり、勝算を意識していません。

しかし現状を打破し、アドモール商法の問題を社会に周知するために、

この度集団訴訟のenjin にアドモールのプロジェクトを立ち上げた次第です。

 

 

未分類

Posted by 宮藤